2017年10月16日

システムアーキテクト試験、午前試験の解答がIPAのHPで発表されています。
早速答え合わせをしてみると

午前1 免除
午前2 20/25(80%)

ということで、午前試験突破になりました。

2017年10月15日

システムアーキテクト試験の感想。


午前1
 免除



午前2 7~8割
今回、新問の割合が高かったのか?見たことがありそうな問題が25問中12問でした。
それと、知らない用語が多かった。INVEST、SysML、探索的テスト技法、グラントバックなどです。
この辺の分からないのは、用語の意味的に合ってそうな選択肢を選んでおきました。
得点としては、全体で7~8割ぐらいじゃないかと思います。



午後1 6割
午後1は、問題4問から2問選択して解きます。問3と問4を選びました。
問1 生命保険会社のシステムの構築
問2 生産管理システムの改善
問3 ソフトウェアパッケージ導入
問4 IoT、AIの利用を目指した農業生産システムの開発

まず問4。組込みシステムの問題です。問4を選択するのは決めていたので、これを選択。
このお題は、スマート農業システムという、何やらハイテクな農業を行うものです。
モニタリングポストのセンサー情報を無線LANでサーバーに集めて、農業の効率化を図りつつ
農業機械(トラクター?)の現在位置をステレオカメラで特定して、自動走行させます。

そして問3。他の問1問2と比べて解きやすそうかな?と思ってこれを選択。
このお題は、現行の勤怠管理システムと給与計算システムを新しいシステムに置き換えようというものです。

どちらも自信がないけど、感覚的には6割ありそうなぐらいでしょうか。



午後2 ランクC?
午後2は、問題3問から1問選択して論文を書きます。問3を選びました。
問1 非機能要件を定義するプロセス
問2 柔軟性を持たせた機能の設計
問3 IoTの進展と組込みシステムのセキュリティ対応

論文の解答字数
設問ア : 800字位内
設問イ : 800字以上1,600字位内
設問ウ : 600字以上1,200字位内

さて、論文です。こういう論文は普段からシステム開発をやっている人にとっては
それほど難度が高くないと思います。でもやっぱり、素人には論文は辛いなと思います。
対策を建てようにも、システムの中身をどういう風に設計していくのか、詳しく分かっていないと
事前準備のしようがない気がします。

今年は問1問2の情報システム系の問題で行こうかと思っていましたが、考えがまとまらず
結局、去年用意していた問3の組込システムの問題で行くことにしました。
用意していたと言っても、ほんのさわりだけで、ほぼ無対策に近い状態であって
試験を受ける前から、無理そうなのが分かっていたから、論文試験を受けずに帰ろうかと思ったぐらいです。
こういう感じだったので、問3の"IoT"というワードを見た時に、いっその事やけくそで午後1問4で出題があった
「スマート農業」で論文を書いてやろうかな?と思ったりしました。
実際、今年の論文で、「スマート農業」で論文書いている人、たぶんいそうな気がします。

問3のテーマは、セキュリティに関することだったから
事前に用意していたもので書けなくはなかったので、頑張って書いていきました。
文章の整合性としておかしなところもあるけど、一応、テーマに沿って書けたと思います。
でも、いろいろ手間取って、ちょっと時間が足りずに終わってしまった。
設問ウを7行?(250字?)ほど書いたところで時間切れになって
明らかに字数が足りず、不合格確定です。



情報処理試験の論文系試験は、これで最後にしようかな・・・

情報処理技術者試験 姫路商工会議所


システムアーキテクト試験、受けてきました。
試験の日は、いつも早めに会場に着くように心がけているんですが
午後の論文どうしようかと考えていたら、出発が遅れてしまった。
姫路駅から会場の商工会議所まで、小雨が降る中、早足で歩いて
試験開始時刻(10:50)の10分前に会場入りしました。



試験会場の入り口での掲示によると、今回の情報処理試験の受験者数は以下の通り。
また、SAの試験部屋では、23人中11人の出席でした。

基本情報FE  376
応用情報AP  254
ITストラテジストST        24
システムアーキテクトSA    23
ネットワークスペシャリストNW 78
情報処理安全確保支援士SC 69
ITサービスマネージャSM    20


2017年10月13日

システムアーキテクト試験、午後2の出題テーマ。3問から1問選択して解答する。
問1、2が情報システム、問3が組込みシステムになっている。
論文の解答字数
設問ア : 800字位内
設問イ : 800字以上1,600字位内
設問ウ : 600字以上1,200字位内



平成21年度
1 要件定義
2 システムの段階移行
3 組込みシステムにおける適切な外部調達


平成22年度
1 複数の業務にまたがった統一コードの整備方針の策定
2 システム間連携方式
3 組込みシステム開発におけるハードウェアとソフトウェアとの機能分担


平成23年度
1 複数のシステムにまたがったシステム構造の見直し
2 システムテスト計画の策定
3 組込みシステムの開発におけるプラットフォームの導入


平成24年度
1 業務の変化を見込んだソフトウェア構造の設計
2 障害時にもサービスを継続させる業務ソフトウェアの設計
3 組込みシステムの開発プロセスモデル


平成25年度
1 要求を実現する上での問題を解消するための業務部門への提案
2 設計内容の説明責任
3 組込みシステムの開発における信頼性設計


平成26年度
1 業務プロセスの見直しにおける情報システムの活用
2 データ交換を利用する情報システムの設計
3 組込みシステムの開発における機能分割


平成27年度
1 システム方式設計
2 業務の課題に対応するための業務機能の変更又は追加
3 組込みシステム製品を構築する際のモジュール間インタフェースの仕様決定


平成28年度
1 業務要件の優先順位付け
2 情報システムの移行方法
3 組込みシステムにおけるオープンソースソフトウェアの導入

2017年10月12日

システムアーキテクト試験、午後1の出題テーマ。4問から2問選択して解答する。
テーマは、業務分析・設計、システム再構築・改善・移行、パッケージ導入、組込みシステム設計。
問4の出題は、組込みシステム設計(固定)になっている。




平成21年度
1 販売管理システム(自販機)
2 物流システムの再構築(倉庫会社と物流会社の合併)
3 システム開発のテスト計画(リース業向けのソフトウェアパッケージ)
4 新入退室管理システムの開発(大規模賃貸オフィスビル)


平成22年度
1 生産管理システムの再構築(受注生産方式→見込生産方式)
2 債券システムの設計
3 固定資産管理システムの改善
4 ディジタルサイネージ統合システム(電子看板)


平成23年度
1 システムにおける災害対策(事業継続計画)
2 購買管理システムの設計(購買、発注、検収)
3 利益管理システムの改善(スーパーマーケットの売場部門配賦基準)
4 教育用システムの開発(電子黒板、タブレット端末)


平成24年度
1 会計システムの再構築
2 Webによる写真プリント注文システム
3 セミナ管理システムの構築(データベース設計、E-R図)
4 電気自動車専用カーシェアリング運営システムの開発


平成25年度
1 安否確認システムの導入(大規模地震)
2 銀行のATMサービス(海外から出金)
3 食品製造業の基幹システムの改善(受注、出荷、在庫管理)
4 電動車いすの自動運転システム


平成26年度
1 社内システムの強化・改善(案件発生から完了まで一元管理)
2 物流センタのシステム構築(物流センタの新設)
3 勤務管理システムの導入
4 遠隔操作可能な手術支援システム


平成27年度
1 データ連携システムの構築(金融機関)
2 業務及びシステムの移行(自販機)
3 業務委託管理システムの導入(ソフトウェア開発業務)
4 災害監視用小型無人航空機システムの開発


平成28年度
1 仕入れ納品システムの変更(不定貫商品)
2 問合せ管理システムの導入(問合せ情報の共有)
3 売上・回収業務のシステム改善(販売管理システムと会計システムの連携)
4 生活支援ロボットシステムの開発