2018年04月15日

情報処理技術者試験 試験会場

エンベデッドシステムスペシャリスト試験受けてきました。

今回、姫路会場の各試験区分の受験人数はこんな感じ。
FE 基本情報 358人
AP 応用情報 288人
PM プロジェクトマネ 60人
DB データベース 66人
ES エンベデッド 60人
SC 安全確保 85人
AU システム監査 21人



午前1 7割
免除期間が切れたということで、久しぶりに応用情報午前範囲の試験を受けたわけですが
結構忘れているというか、難しいですねコレ。午前1の通過率が低いのも分かります。
試験対策で午前1に時間を掛けたくないという感じもするから、過去問の練習量が少なくなるんです。
それで、知っている問題の割合が低くなるという。新用語も増えてるし。
30問中11問が見たことがありそうな問題でした。たしか答えこれだったよな・・・って感じです。
正解率7割はあると思いますが・・・


午前2 8割
微妙に難しいというか、新問が多い?
25問中12問知っている問題でした。まあ、大丈夫だと思います。


午後1 6割
問1 静止画及び動画を撮影する、自撮り用の自律式小型マルチコプタ(ドローン)
問2 道路などの冠水を防ぐシステム
問3 無人自動運転トラックを含むトラック隊列走行システム

問1(必須)と問3(ハード)を解答。
ここ2年間、午後1問1で難しい問題ばかり来ていましたが、ようやく通常難易度の問題がきた気がします。
問1が半分ぐらい正解していれば、問3の隊列走行と合わせて午後1通過していると思います。


午後2 6割
問1 缶飲料を製造するスマート工場
問2 卸売市場の自動競りシステム

選択したのは問1のハード問題。
無人搬送車を使って製造装置間の商品(缶飲料)搬送を柔軟に構成しようという問題です。
これも昨年度より解きやすい問題でした。
毎回思うけど、エンベデッド関係ないんじゃ・・・ と思うような問題多いです。
通信時間やCPU処理時間の計算は一応ありますけどね。




今回、上手く行っていれば、合格している自信はあります。
解答が発表されるまでは、なんとなく合格した気でいようかな・・・

2018年04月07日

TOEIC228スコア表

第228回TOEIC L&R公開テストのスコア表が届きました。

          平均
Listening 370 (315.1)
Reading 320 (254.1)
Total   690 (569.2)

Listening               平均
L1 短い会話、文脈推測 : 80% (66%)
L2 長い会話、文脈推測 : 67% (61%)
L3 短い会話、詳細理解 : 94% (79%)
L4 長い会話、詳細理解 : 71% (61%)
L5 フレーズ文意味理解 : 56% (57%)

Reading             平均
R1 情報推測    : 56% (44%)
R2 情報理解    : 69% (48%)
R3 情報関連付け  : 55% (49%)
R4 語彙理解    : 70% (59%)
R5 文法理解    : 85% (63%)


スコア表の見方が未だによく分かっていないけど、この結果を見ると、part1、2、5は良くできていたということ?
文法85%なんて始めてです。
まあでも、part5は時間かかりすぎてたから、ダメなんですけどね。

2018年04月02日

TOEIC228スコア

第228回TOEIC L&R公開テストのスコアが発表されました。

Listening 370
Reading 320
Total    690


前回の12月試験から比べると
L 335 → 370 (35up)
R 290 → 320 (30up)
となります。トータル690で平均より100ぐらい高いし、そこそこ見せられるスコアになりました。
ここまで来るの長かったですね。


TOEICのスコアが
385 → 525 → 590 → 625 → 690
と、推移してきているから。次の試験だと725ですかね?
次は6月に受けようかな。

2018年03月31日

エンベデッドシステムスペシャリスト試験の受験票が届きました。
試験会場は姫路商工会議所です。


英語の勉強は続けていますが、最近、学習意欲が低下気味です。
特にエンベデッドシステムは、試験対策に関して気力がわいてこない。
原因としては、対策しても午後の点数が伸びる気がしないというのがあります。
こういう、試験特有の傾向というのがありますよね・・・
試験対策をやるほど点数が上がりやすい試験と、上がりにくい試験

2018年03月11日

姫路城正面

第228回TOEIC L&R公開テスト受けてきました。

今回の試験会場も姫路獨協大学でした。ここ最近、この試験会場に固定されているな・・・
しかも会場の部屋も、なぜか前回使用した部屋と同じだった気がする。200人入る大きめの部屋です。
リスニングで使用するスピーカーは、ラジカセじゃなく、しっかりした大きいもので良かったけど
座席の位置が悪かったのか?若干エコーが掛かっていたのが気になった。


最近模試を中心に英語のトレーニングをやっていて
今の実力では、リスニングが350~300後半、リーディングが300前半といったところで
上手くいくと、総合で700に届く感じなんですが、今回のテストはどうでしょうか?

やはり、リーディングの文量が多く、時間が足りないというのが最大の障害で
もう少し早く英文を読んで、解答していければな・・・というのが、いつも思うことです。