2014年10月19日

午前
例年に比べて過去問からの出題数が少なかった気がします。
また、初見の用語が情報セキュリティ分野で2題とストラテジ分野で3題ありました。
難易度的には「やや難」といったところだと思う。でも、8割は取れてそう。
トイレに行きたかったから11時半過ぎに退出。


午後
問1 情報セキュリティ ネットワークセキュリティの問題
13分ぐらいで解答、そんなに難しくないと思います。

問3 プログラミング マージソートの問題
問2の経営戦略が簿記だったから迷わずこちらを選択。
午前の問題でこういうソート見かけたなーと思いながら、解いていくと
ソートプログラムをリストで記述していた。普通配列じゃないの?
これもそんなに難しくない。30分ぐらい

問4 システムアーキテクチャ ストレージ設計の問題、RAID
RAIDを選ぶ問題があって、条件が
①アクセス速度を早く
②信頼性向上
③データ量に対して2倍以上☓
なんだけど、選択肢がRAID0、RAID1、RAID1+0、RAID5
えっ?これって答えあるの?
他も難易度が高く、選んじゃいけない問題だった。35分ぐらい

問5 ネットワーク メールサーバ移行の問題、クラウド
前半は簡単、後半は合ってるかどうかよくわからない。25分ぐらい

問6 データベース 分散トランザクションの問題、2相コミット
データベースは選択しない予定だったけど、2相コミットなら解けそうと思い選択。
でも、合ってるかどうかよくわからない。
SQL目当てだった人にとっては肩透かし食らったような感じでしょう。20分ぐらい

問7 組み込みシステム開発 リモートコントロールの問題、録画再生
問8、9、10よりも易しそうだったから選択。
「著作権」の漢字が思い出せなくて、「ちょ作権」と解答。悲しい。
平均的な難易度でしょう。25分ぐらい


応用情報技術者試験受けてきました。
試験が午前と午後に分かれていて、午前は4択問題80問、午後は記述式6問になっています。
前回の春試験では、午前83.75点、午後55点で不合格となったので、今回は合格したいところ。

さて、試験地の姫路商工会議所では
基本情報技術者試験(FE)
応用情報技術者試験(AP)
ITストラテジスト試験(ST)
システムアーキテクト試験(SA)
ネットワークスペシャリスト試験(NW)
情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)
ITサービスマネージャ試験(SM)
の試験が対応しており
部屋の割り振りの掲示がされていたので、ざっと受験番号を数えてみると
FE180人、AP230人、ST30人、SA30人、NW80人、SC130人、SM30人
ぐらいでした。
意外とAPって、FEより多いんですね。

試験会場は1階の展示場?に割り振られ、150人の部屋になりました。
出席率は約7割ほどで、女性は少なめ。

2014年10月16日

応用情報技術者試験で重要になってくるのが、午後試験の問題選択をどうするかということ。
出題分野が以下のようになっています。

●問1(必須)16点
問1 情報セキュリティ
●問2、問3(2問中1問選択)20点
問2 経営戦略
問3 プログラミング
●問4~問11(8問中4問選択)16点
問4 システムアーキテクチャ
問5 ネットワーク
問6 データベース
問7 組み込みシステム開発
問8 情報システム開発
問9 プロジェクトマネジメント
問10 サービスマネジメント
問11 システム監査

情報セキュリティ分野がH26春から必須になったので、選択は5問ということですが
まず、問2と問3でどちらを選ぶかということだけど
基本的にプログラミングを選択することとして、難しそうなら経営戦略にする。
ただし、経営戦略で簿記が出てくると知識がないので選択できません。
残る8問でシステム監査は、できないので捨てることとし
過去問をやった結果、点数が取れる順に並べると

問1 情報セキュリティ
問3 プログラミング
問4 システムアーキテクチャ
問5 ネットワーク
問7 組み込みシステム開発
問8 情報システム開発
問9 プロジェクトマネジメント
問10 サービスマネジメント
問2 経営戦略
問6 データベース

このようになります。
データベースは結構やったのに、悲しいことにあまり点数が取れなし時間もかかる。
実際に業務で触ってる人以外は選びにくい分野なのかもしれない。
一方マネジメント系はあまりやってないのに、そこそこできるというのが
午後試験が国語の試験と云われる所以なんでしょう。
でも、H26春試験で一番の地雷だったのが問9のプロジェクトマネジメントでした。
アレさえ選択しなければというのが、悔やまれるところ。
ということで、如何に地雷を踏まないかというのが最も重要な課題です。

過去問を見返して、地雷を避けるための経験則は
①問題の前提文章が長すぎるものは選ばない
②問題の解答数が少なすぎるものは選ばない
③「○○字以内で述べよ」が多い問題は選ばない
ということ。
秋試験は、なんとかこの指標で乗り切りたいです。


2014年10月06日

応用情報技術者試験の受験票が届きました。
試験会場は姫路商工会議所ということで
姫路駅から徒歩15分ぐらいで行けそうだから、当たり会場です。

2014年09月20日

試験日は10/19です。

使用本
応用情報技術者試験ドットコム

春試験を受けた分の記憶があるものの、忘れている部分も多いので
いま、午前試験の過去問(H21春~H26春)をひと通り終えたところ。
これから、春試験の反省点を込めて、午後の重点対策本を買ってきたので、やっていく予定です。