2014年09月

2014年09月20日

試験日は10/19です。

使用本
応用情報技術者試験ドットコム

春試験を受けた分の記憶があるものの、忘れている部分も多いので
いま、午前試験の過去問(H21春~H26春)をひと通り終えたところ。
これから、春試験の反省点を込めて、午後の重点対策本を買ってきたので、やっていく予定です。

2014年09月08日

昨日の時点で既に、オーム社の解答速報が出ていたんですが
今日正式に解答発表があったので、自己採点してみました。
この試験の合格点は60点になっていますが、受験者の得点状況を勘案して
通常、合格基準点が下がることが多いです。
なので、最低55点取っていれば合格になる場合はあります。


さて、自己採点ですが
理論 : 50/100
電力 : 80/100
機械 : 65/100
法規 : 81/100

ということで、やってしまいました。
やっぱり理論がダメだったみたいです。
理論試験、直近10年で一度だけ合格基準点が50以下の49.55になった年があるけど
流石に今回の試験の難易度でここまで下がることないだろうし、ダメでしょう。

試験前では、機械が一番危ないんじゃないかと思っていたのに
どうしてこうなったんだろ。溜息しか出ないわ。

2014年09月07日

各科目の難易度と、出来(体感)

理論 並 6割(期待込めて)
例年と比べてそんなに難しくないはずなんだけど、何故か解きにくいように感じた。
事前の問題集で、理論は解けていたので、結構自信があったんだけど
実力不足なんでしょうか?B問題も解けなかった。
それと、解答した番号が4や5が多くて少し焦った。

電力 易 8割
全体的に易しく、基本的な問題が多かった感じがする。
問題集と同じぐらいの出来と考えて8割。

機械 やや易 7割
計算問題が少なく、何故か誘導機・変圧器の等価回路が3問も出た。
シーケンス制御とフローチャートがA問題で出たのは、本来の機械っぽくない感じがするし
選択問題のフリップフロップは、過去問であるような複雑なものではなく、易しかった。
情報系をあまりやったことがなく、捨て分野と考えていた人にとっては
感じる難易度が少し違うのかも知れない。
これも問題集と同じぐらいの出来と考えて7割。

法規 並 7割
法規は、知らない数字や用語が出てきたら、解答のしようがないのが難しいところ。
問4「電気工事業の業務の適正化に関する法律」って、電気工事士の試験で出るような法律なんでしょうか?
電験法規の出題で初めて見た。
A問題で苦戦していたので、B問題取らないと!と思っていたところ
問11、12は易しく解けたが、最後の13が全くわからない。
結局25分ぐらい時間があったけど、解答の糸口すら掴めず、適当に埋めた。


第三種電気主任技術者試験、受けてきました。
受験科目が4科目(理論、電力、機械、法規)あって
開始時間が午前9時、終わったのが午後5時過ぎだからかなり長い。

科目合格制度があるから、合格した科目は来年度受けないくて良いので、負担が減るんだけど
初年度から、全科目狙いに行くと試験範囲の広さが凄いということで
一発合格するのは1%程と厳しい試験なのです。
また、免除期間が2年間なので、全科目やらないとスパイラーに陥る危険もあります。


さて、本日の試験会場である神戸大学に到着したのが午前7時半過ぎ
結構早めに到着したと思っていたのに、既に人が多数、受験者のやる気がすごく感じます。
受験番号の張り出しがまだ行っていなかったので、人がどんどん溜まっていき
ようやく午前8時過ぎに案内があり、半ぐらいに席につきました。
試験会場の部屋は、9×9の81人分座席があり、約5~6割人がいたようです。
もちろん、受験者は男ばっかり。大学に到着してから女性受験者は見かけませんでした。
この試験は、全国の電気マニアが集まる、男の電験祭りと云うようです。


2014年09月05日

電卓100

今使ってる電卓が突然使えなくなった場合に備えて
予備用に買ってきたダイソーのカード型100円電卓。電卓が2台あると安心。
100円といっても表示12桁だし、GT計算ができるので結構優秀だわ。
もちろん平方根計算もできます。
電卓を忘れた隣の人に貸してあげる事もできます。