2016年11月

2016年11月20日

2次試験は全問題記述で解答する。
しかも広い出題範囲から、高度で深い問題が出題されるため、全てには対応しきれない。
そこで、戦術本でひたすら問題を繰り返し解いて試験に臨んだ。



そして、最近の過去問も全てやり、出題傾向から自分なりに予想を立て
それに関しては念入りに解答手順を確認していた。
予想は電力管理では
水力計算、ケーブル計算、電磁誘導計算、π型送電線、四端子定数、%Zの問題
電線たるみ、中性点非接地送電線の零相電圧
といった具合です。
機械制御は、予想してもあまり意味が無いんだけど、同期機は出ないだろうと思っていた。
同期機は出題があったら解けないんですけどね。
パワエレが難しいから捨てるって人が多いみたいだけど、一番やばいのは同期機!



電力管理(6問中4問選択、2時間)
問1 論説     水力発電所の部分負荷運転時における水車効率の向上策
問2 論説     変圧器の油中ガス分析
問3 計算     電線のたるみ
問4 計算     配電線ZCT
問5 論説/計算 変電所の接地
問6 計算     %Zの問題

選択したのは問3456
問1、2の論説は知識が曖昧で解答するのが難しそうだったけど、問3456は解けそうでした。
問3は予想していた電線たるみの問題で、戦術本に載っている(平成11問4)と似た問題でした。
問4も戦術本に載っている(昭和53問1)の数値を変えた問題でした。
問5は最近やった過去問の(平成21問3)に似た問題でした。
問6は%Zの定番っぽい問題でした。

過去問をやっていると、難しすぎて気持ちが滅入っていたことが多かったけど
今年は、解き方がわかる問題が運良く出題された感じで、感触的には満足しています。
記述式だから、最終的には数値が合っているかだけど、良ければ7割ありそうです。



機械制御(4問中2問選択、1時間)
問1 誘導機
問2 変圧器
問3 パワエレ
問4 自動制御

選択したのは問12
始まって問1を見ると、定番問題で「これ簡単なやつや!」と思い。早速問1に取り掛かり、20分で出来ました。
逆に何か見落としがあるのかと思い、何回も見直しをした。
機械制御は、解答の戦略として誘導機、変圧器で1問、自動制御で1問解答しようかと思っていたので
続いて自動制御の問題を見ると、行列が出てくる見たことがない問題でした。
パワエレは解けるようにしてたけど、出来れば選びたくない。ということで、予定を変更して変圧器を選択。
問2は時間が掛かって苦労したけど、これも全問解答できました。

電力管理と同じで、感触的には満足しています。良ければ8割いけるか?ってところです。



2次試験の結果発表は、来年の2/8です。時間かかります。

電験2種試験会場

第2種電気主任技術者の2次試験、受けてきました。
昨日雨が少し降っていたせいか、朝方霧がかかっていました。
視界は、100~150mと悪かったから、電車どうかな?
思っていたところ、大阪までで十数分遅れていました。
でも、余裕を持って早めに出ていたから、9時前に会場に到着です。
 
部屋は125人部屋で20人ほどが既にいました。
年齢層はやはり高め、部屋の空気がすごい重かった。
皆今日のために何百時間も勉強してきたんだから当然か。私もそうです。

1次試験のときのような緊張感は意外となく、目の前の問題を解くだけだと
思いながら試験に臨んだ。